【北海道】小樽のごみ捨て場から砲弾 旧軍のものか

◆北海道・小樽のごみ捨て場から砲弾 旧軍のものか

11日午前9時40分ごろ、北海道小樽市桜5丁目の住宅街の共用ごみ捨て場で、ごみ収集車の男性作業員が、ごみ袋から落ちた砲弾1発を見つけ、近くの交番に届けた。
小樽署員が収集車内のごみを取り出して調べたところ、さらに別の袋から小銃弾11発、砲弾1発が見つかった。

信管や火薬はなく、陸上自衛隊が爆発の恐れがないことを確認、回収した。
旧日本軍のものとみられる。
署によると、小銃弾は長さ約6センチ、直径約1センチ、砲弾は長さ約17センチ、直径約3センチで、いずれもさびていた。

写真:北海道小樽市のごみ捨て場から発見された砲弾=11日(北海道警提供)
https://i.imgur.com/dA78IZb.png

産経ニュース 2018.7.11 21:54
https://www.sankei.com/smp/affairs/news/180711/afr1807110047-s1.html